スポンサーリンク

オーバーロード

幻色灯日記
Pocket

では本日は昨日に引き続き、絵師様のso-binさん繋がりと言う事で「オーバーロード」を紹介します。え? すでに知ってる? そこはまぁまぁ。

オーバーロード

 何が良いって、やっぱり主人公が人外な所でしょう。骸骨で人外な本人? はいざ知らず、仲間となる配下のNPC達の殆どが人間をゴミ虫塵芥以下の扱いで接する事。これです。この冷酷さに魅力を感じます。そして主人公の意思に反して着々と世界征服の計画を進める配下達。忠実かつ慎重に計画を進めるその姿は、涙抜きには語れません。特に人体オブジェに興味のある悪魔デミウルゴス。そして大雑把な吸血鬼シャルティア。一見ただの変態ですけど確実に仕事をこなす淫魔アルベド。多少抜けているところもありますが昆虫並以上の知能を持つ武人コキュートス。情に厚い執事のセバス。可愛いだけでなく多少コミカルですが一生懸命な闇妖精のアウラにマウラ。実に忠義に厚い部下達です。そしてその部下たちのやり取りにかつてのギルドメンバーの思いを重ねる主人公のノスタルジック。ここもまた良い。
 今はただ、孤独な魔王の行く先が気になります。

Overlord – Opening

 とはいえ、超個人的にリザードマン推しの筆者としては4巻みたいな展開が好きだったりもするわけですが。

 つい先日に新刊が刊行されたばかりですが続刊はまだですかね! とても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました