スポンサーリンク

機甲狩竜のファンタジア2を読んでみた。

機甲狩竜のファンタジア2表紙幻色灯日記
機甲狩竜のファンタジア2表紙
Pocket

日々雑記

と言う訳で、2/18(土)発売の「機甲狩竜のファンタジア2」を買ってきて読みました。
わたくし読書メーターを自分の覚え書きの為に使っているのですが、この作品に限らず、ネガティブな感想コメントが多いのはどうにかならんのかと。
と言うか、そう言うのはチラシの裏に書けと。作者が凹んだらどうするんだよと。
君達気付いていないだろうけど、将来の作家の可能性を潰しかねないんだよと。
兎に角褒めようよ。そりゃ中には箸にも棒にもかからない作品もあるとは思うけど、それでも良い所を見ようよ。

……それは兎も角。
本作は、1でスポットが当たっていなかった二人のヒロイン? に焦点が当てられた話です。
起承転転結ときっちり山谷があり、ヒロインの掘り下げも出来ており、きちんとラブコメしていました。
主人公の存在がイマイチ薄い……とは言えますが、ラブコメで主人公が優柔不断かつ鈍感でなかったら話が即終わるのでこれくらいの馬鹿っぷりで良いのです。ええ絶対(自分達もラブコメつくってるからね)。
私はあまり主人公に感情移入しない(と言うか基本的に読書は俯瞰の視点でやってる)のでその辺はあんまり気にならないんですけどね。

それにしても、内田先生頑張ってラノベ向けの文体にしてるなーと感心します。
富士見での前作、艦これ瑞鶴編ではまだまだ堅めの文体だった気がするのですが、今作は青少年にも易しく分かりやすくなっております。
お勧めの一品だ。みんなも読もうな!

投稿者プロフィール

ビリーT
ビリーT
サークル幻色灯代表にして雑用係。
専門はプログラミング。趣味はTRPGとPCゲーム全般。
読書は手当たり次第に読むタイプ。本棚がカオス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました