スポンサーリンク

休日の読書。

昭和の日幻色灯日記
昭和の日
Pocket

日々雑記

今日は雨が止んでおりましたが、昨日まで豪雨だったので出掛けるのは中止。
あちこちえらいことになっていました。

さて、財布が厳しいのでKindleで無料本(大体お試しの一巻のみ)を漁っておりました。
異様なアトモスフィアを醸し出していた「恐怖新聞1-3巻合本版」を思わずポチる。
小学生低学年の時に床屋で呼んだ記憶があるのですが、あの頃は無垢で純真でしたので(笑)鵜呑みにしておりましたよ。
今なら思想の流れまで解説できる。

50年近く前に描かれたので今見ると古い(1970年代当時の風俗は逆に理解出来る)ですが。
やっぱり知識と教養大事と改めて思いました。
あと時代だけあって平気でキチガイとか書いてあるのもGood。昔はみんな野蛮だったのよ……。

続きはお高いので財布の余裕を取り戻してから……最近書店でティンと来て買うも出来なくなったし。

もうちょっと雨が続くみたいなのでちょっと心配。
とは言えお天気はまだ人智の及ばぬ範囲なので祈るだけしか。

本日は以上!

投稿者プロフィール

ビリーT
サークル幻色灯代表にして雑用係。
専門はプログラミング。趣味はTRPGとPCゲーム全般。
読書は手当たり次第に読むタイプ。本棚がカオス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました