スポンサーリンク

満洲馬賊もの。

狼の星座(1)幻色灯日記
狼の星座(1)
Pocket

日々雑記

某所で横山光輝著「狼の星座」と言う満洲馬賊ものの話を知り、慌てて古書で発注する。
プレミアついてたから古書ですよええ……。全部で2,000円以内で収まったので良しとする。

1巻→4巻→2,3巻と届いたので、通して読まねば。
1ジャンルとして存在するのは知っていましたが、とっかかりが無くて。
何故か世界史で一年間日清戦争~中華民国初期の軍閥の話をやるという希有な経験をしたので、少しは知ってる。
あとHoI2の知識。

今書きかけの小説も大正期を舞台にしているので、背景として大陸の情勢は知っておいた方が良いのですよね。
何でもネタになる。

馬賊戦記とかあるので、活字にも手を出したい。

本日は以上!

夕日と拳銃 上巻 (角川文庫)
檀 一雄
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 540,956

投稿者プロフィール

ビリーT
サークル幻色灯代表にして雑用係。
専門はプログラミング。趣味はTRPGとPCゲーム全般。
読書は手当たり次第に読むタイプ。本棚がカオス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました